• google icon

Language:

新宿区内のお店&商店会とお客をつなぐSNSサイト「新宿ルーペ」

Language:

新宿区内のお店&商店会とお客をつなぐSNSサイト「新宿ルーペ」

トピック

黒!!
2017年02月24日15:08
M三宅です。
いやあ~今年も吹きました。春一番、『春よ来い、早く来い』って気分になりましたね。
ここ数日も温かい日が続いていて、ちっとウキウキな気分でのこの頃

さて、前回企画、赤色の食材をテーマにご案内させて頂きました。
大変好評を頂きましたこと、先ずは感謝です。

そして、今回も新テーマが決定です。

この新テーマは、ちょっとしたお客様との会話からヒントが生まれたんですよ
「えっ何が」って 

いやいや、お客様がね。こんな切り出しをしてきたのです。
「へぇ~ 赤い食材がテーマか 楽しいね」って喜んで頂いたんです。 

とっ・・・そのお客様さんが、「ねぇ 三宅さん、赤い食材がテーマの今回ってことは、次は黒の食材って事もあるんだね、それとも白とかね」ってね

思わず、「いやいや、次回のテーマは桜にしようかと思っているんですよ」と口元まででかかっていながら

へっェ~ 黒い食材かぁ~~ と 我が頭の中で走馬灯の様に黒い食材がスライド写真のごとく
音を立てながらシャカシャカと映りだすのです。

とっ 我に帰った瞬間!! 思わず「次回のテーマは黒にしょう」と決めたのはいいのですが~~~

いざ、PCのキーボードを押し始めて、次から次へ黒い食材を思いつは思いつくのですが
メニューに組立てるのが大変大変で、泥鰌が頭の中から、離れず

「泥鰌が出てきてこんにちは」と我が頭の中をグルグル回るんです。
確かに泥鰌も黒い食材と言えば、そうなんですが

「ああ~泥鰌汁が食べた~い」って個人的欲望になってしまい、構成が前に進まないよ~と
ボヤキが入る・・・・・と 何やら天からお客さまの声が聞こえてくるんです。 

「ねえ~三宅さん、前置きが長いって早く決めてよ そんでさぁ~黒い食材に縛られすぎだよ、
黒なんだから(く)字の付く食材、(ろ)の付く食材もいいんじゃないの、もしや三つ合わせてら
黒い食材に(く)字の付く食材、(ろ)の付く食材ってどうよ、三宅さん」とね

天のお客様の声が・・・いや,天の神様の声だよこれ、そうそう、神様の声だよ
その昔「お客様は神様です」と言ってた演歌歌手がいましたね。
と言うことで、「天の神様の言う通りなのなのな」で決定しました。

今回のテーマは、黒色、黒字が付く食材(く)字の付く食材を集めました

■前菜
九条ネギと春のグラムチャウダー 南部鉄鍋のココットで

■冷製オードブル
四季の食彩を喰らうオードブルヴァリエーション 黒字食材ヴァージョン
*クリガニと柑橘のカクテル仕立て・ 黒毛和牛の燻製 などなど

■温かいオードブル
生黒のりとホタル烏賊とのじゃがいものニョッキ 木の芽の香

■塊肉・炭火焼ロースト  お一人様 100G
今回は、イベリコ豚以外に、2アイテム増やしました。
(塊肉でローストしますので同席の方と同種のお肉を下記からお選びください)

*無凍結・スペイン ムルシア州の黒豚 イベリコ肩ロース
(特有の味わい、特有の香が更に炭火焼ローストにて美味さを結合させ、
これが豚肉かと思わせる本物のイベリコ)

*無凍結・沖縄直送 島黒豚 アグー豚の肩ロース
(無凍結のアグー豚もひと手間かり入手です、イベリコ豚よりは甘みがあり口どけに引けの良い美味さ
グルナッシュかシラーがお勧め、)

*無凍結・栃木 さくら市は那須連山から流れる地下水であさのさんが育てた、あさの豚ヒレ
(数知れず、豚ヒレも好んで食してきましたが、あさのさんの豚ヒレは美味い!!)

■〆のご飯
 高知・竹炭を使ったスペイン黒豚・イベリコ・黒彩カレー 

■黒がテーマのデザート&カフェ


ご予約の際は、「お任せ黒い食材ディナーメニュー」とお電話口などで伝えて頂ければスムーズに進みます。

ぜひ是非にご予約をお待ちしています。



■ご予約は簡単今すぐに携帯から TEL03-3225-0090 レストランM
 
■又はメールにて受付させていただきます。
 Mail: info@restaurantm.jp
 
Restaurant M  

Topへ戻る