• google icon

Language:

新宿区内のお店&商店会とお客をつなぐSNSサイト「新宿ルーペ」

Language:

 

ヨツヤイチエイカイ
  • 四谷一栄会
  • 03-3359-5579

四谷一栄会

四谷一栄会(2)

評価

未記載

アピールポイント

お買い物は四谷一栄会で!!

焼け野原となった四谷見付一帯の戦災復興も進んで、昭和23年11月、「四谷一栄会」として発足。
最初の事業は、街を明るくするための街路灯建設であった。
28年にそれまでの電球から蛍光灯に、その後水銀灯に作り替えられた。
44年から、新宿通りの都市計画による拡幅工事がスタート。
16年かけて60年の「東京サミット」の年にやっと完成した。
年間をとおしてのイベントは、10月に四谷大好き祭り、四谷逸品会、12月に餅つき大会と歳末セールを行います。イベントも力を入れて行っておりますので皆様お誘いあわせの上、ご来店下さい。

地図

Twitter

未記載

紹介

2016年01月19日16:00

紹介者:DNO

四谷大好き祭り2015

今回私たちNPO団塊のノーブレス・オブリージュが四谷大好き祭りを取材してきましたので、その様子をお伝えしようと思います。

四谷大好き祭りはひとことで言うと地域の文化祭です。
 今年で17年めになり、四谷地区の商店会が集まって四谷を盛り上げようと毎年10月様々な外部団体がステージに上がり演奏やパフォーマンスをします。今回は、サンバと阿波踊りをメインにジャンルはロックやタンゴやフランダンス他、団体さんも地元の四谷小中学校の吹奏楽団の方々など多くの方が参加され大変盛況の様子でした。

 さらに商店会の模擬店や産地直送販売、大道芸、フリーマーケットと盛りだくさんでこの日には子どもたちをはじめとし、地元の皆さんも多く集まってきます。

私も実際に現場に行きステージや屋台を実際に見てきました。
 メインのサンバはさすがプロの方の演奏だけあって聞き入ってしまっておりましたが、そのカラフル華やかな衣装を目で見ているだけでも楽しむことができました。観客の皆さんもリズムにのり手拍子等を送ったり、中には踊っている方もいました。

 写真から屋台では地元の和菓子や大角玉屋さんのおいしそうないちご大福や、グレープフルーツを2個150円という激安価格で販売していたり、子どもたち向けに型抜き、大人の方向けにはお酒やモツ鍋等誰が来ても楽しめるよう幅広くありました。

 少し変わったものでは、江戸の食文化を支えた江戸野菜のひとつ八房唐辛子発祥の地である新宿区内藤町で「内藤とうがらし」として宣伝しておりました。内藤新宿と呼ばれた宿場の一角では屋敷で栽培していた野菜が売られていたようで、それを現代に復活させたとのこと、お祭りの場でこういった歴史背景のある名産品が出店されているのも新鮮でした。

 またこのお祭りは、四谷地域を活性化させようとして始まったお祭りで3年毎に四谷内のエリアを移動しながら、今まで5つのエリアで行っております。今年は三栄公園界隈で開催され、次回は四谷三丁目から信濃町にかけてのエリアでの開催を予定しているようです。

 各地区にスポットが当たるようにエリアを移動するというのは、自分たちの商店会内だけでなく地域活性化を地区全体として広く考えられているような印象を受けました。来年のお祭りも楽しみです。

▶もっと見る

イベント

歳末セール

開催期間 : 2015年12月07日~2015年12月19日

歳末セール (0)

餅つき大会

開催日 : 2015年12月15日

餅つき大会 (0)

▶もっと見る

トピック

未記載

基本情報

会長名
小倉 洋明
TEL
03-3359-5579
FAX
住所
東京都  新宿区  四谷1-3 
URL
最寄り駅・バス
JR、東京メトロ南北線・丸ノ内線「四ツ谷」駅
サービス情報
祭礼、酉の市、花まつり、大好き四谷まつり等諸行事に協力。また、定例役員会、旅行、ハゼ釣り、ボウリング大会を実施

口コミ

未記載

Topへ戻る